沿革

研究所プロテオグリカンとは事業概要沿革

沿革

1998年10月 弘前大学医学部高垣教授とプロテオグリカン量産方法に関する研究を開始
2002年9月 北海道経済産業省補助事業に採択され、北海道釧路市に量産化試験工場を開設
2003年5月 世界で初めて、高純度プロテオグリカンの量産化に成功
2004年4月 文部科学省平成16年度産学官連携促進事業 弘前エリア「プロテオグリカン応用開発プロジェクト」に参画
2004年9月 バイオジャパン2004出展
2004年10月 軟骨型プロテオグリカンの精製方法でアメリカ特許取得
2005年9月 バイオジャパン2005出展
2005年10月 軟骨型プロテオグリカンの精製方法で日本国内特許取得
2006年2月 軟骨型プロテオグリカンの精製方法でロシア特許取得
2007年2月 青森市第二問屋町にプロテオグリカン研究所を開設
2007年3月 和光純薬工業株式会社にOEM供給し、試薬「プロテオグリカン、サケ鼻軟骨由来」として発売
2007年4月 文部科学省平成19年度産学官連携促進事業 弘前エリア「QOLの向上に貢献するプロテオグリカンの応用開発と製品開発」に参加
2009年3月 化粧品用原料「プロテオグリカンIPC」を一丸ファルコス株式会社と共同開発。一丸ファルコス株式会社より発売開始
2010年4月 プロテオグリカン配合「PG-inりんご酢」発売
2010年5月 食品用原料「プロテオグリカンF」を一丸ファルコス株式会社と共同開発。一丸ファルコス株式会社より発売開始。

PAGE TOP